性器ヘルペス感染時はオーラルセックスは禁止

ヘルペスというのは、ヘルペスウイルスによって発症する感染症のことです。
幾つもの種類がありますが、性器に関連した部位に発症するものを性器ヘルペスと呼んでいます。
症状としては、性器に赤いブツブツや水ぶくれができ、皮膚がただれてきます。
初めての感染のときは、激痛や発熱を伴うことが多いです。
性行為やそれに類した行為を通じて感染することが多いですが、そればかりではありません。
感染者の使ったタオルや便座を媒介にうつってしまうこともあります。
それほど、伝染力の強いウイルスなのです。
たとえば、オーラルセックスでも感染することが確認されています。
相手の性器に触れた口からウイルス感染した例は、決して少なくありません。
もし感染の疑いを感じたときは、できるだけ速やかに、医療機関に行って、検査を受けるのが安全です。
そのとき、可能な限り、パートナーも一緒に行くことが望ましいです。
性器ヘルペスの大きな特徴の一つに、自覚症状がほとんどない、というのがあります。
それだけに、知らずにパートナーを感染させてしまうことも起こり得るのです。
また、もし感染していると診断されたときは、性行為は慎むのが理想的です。
しかし、性行為への希望が強いのなら、コンドームを正しく装填しなければなりません。
コンドームが万能ではありませんが、無いよりははるかに安全です。
また、このときもオーラルセックスは厳禁です。
口の中のウイルスから、パートナーの性器に感染することが危惧されるからです。
オーラルだから安心というわけにはいきません。
ちなみに、性器ヘルペス感染のときの献血ですが、基本的には問題がありません。
ただし、治療で服用している薬が献血には不適切だということは考えられます。
献血の前に、スタッフのかたに確認をするのが賢明です。